考える医師

日本において、無視できない大きな病とは、がんであろう。高齢者を始めとして、今では比較的若い人もがんを発症してしまう事が多くなっているのが現状である。
国民病とも言うべきがんではあるが、その治療方法はいくつか確立しており、現代では早期発見であれば完治は確実に行えるものにまでなっている。
がんには様々な種類が存在し、主に肝臓がん、食道がん、肺がん、皮膚がん、大腸がんなどが一般には知られている。
がんを放置しておくことは、それ自体が命の危険となるため、非常に危険である。
発症にいち早く気付く為に、専門の病院にて定期的な治療を受ける事望ましい。

肺がんとは、日本人に多く発症しやすいがんの一つであり、男女どちらにも発症の可能性が大きく存在する。
特に年々増加傾向にあるのは女性の発症であり、特に警戒が強まっているところである。
肺がんには、大細胞がん、小細胞がん等の種類に分けられる事ができ、進行すると呼吸に大きな影響を及ぼし、最終的には呼吸自体が自分ではできなくなってしまうという恐ろしさが存在する。
主な原因としては、喫煙や排気ガスなどにより肺にダメージを与え続ける事で発症することが確認されている。
しかし、明確な発生までのプロセスはハッキリとは判明されておらず、予防のためにはしっかりとした生活環境の形成が一番効果的であると言える。
肺がんは様々な合併症を生む可能性も存在しているため、対応は行っ仮としていかなくてはならない。

肺がんの一種である、肺腺がんとは肺がんの中でも最も多く発生しているがんであり、喫煙の習慣がない人が多く発症するほか女性の発生率がとても高い。
肺腺がんは比較的気管支の太い部分に発生するために発見しやすいという部分も特徴的であり、早期発見のケースもとても多い。
初期症状はあまり発生しない事が多く、症状が進行して初めて咳や血の混じった痰、胸部の強い痛みなどが見られる様になる。
肺という臓器の位置も関係してか、肺腺がんを発症するとリンパ腺への転移が多く、そこから全身への転移を繰り返すという自体になりやすいという事も報告されている。
定期的な病院での検診が、早期発見の鍵であるため、自覚症状が見られなくてもまずは病院ヘ行くべきであろう。

治療方法としては、手術や放射線治療、抗がん剤治療が主流である。
しかし、がんの進行度によって手術やその他の治療法を実施するかが決定される為に、医師による判断で行われる事が多い。
がんの治療において患者の体力や健康状況は治療の方針や時期を測る大きな指針であるため、日頃からの生活環境の調節は必要なのである。
上記の治療方法の他にも様々な新規の治療方法が存在する。

免疫細胞療法とは、患者の細胞を抗癌作用のある薬品で培養し、増やしてから体に戻す事でがんに対抗できる体を作り、その細胞自体ががんを治療することも、既存の治療方法と平行して行うことで、多大な効果が期待できる治療方法である。免疫細胞療法は次世代を担う治療方法である。
免疫細胞療法は、患者の細胞を使用しているため、副作用も起こりにくく、とても負担の少ない治療方法として近年注目されている治療方法である。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031